悩める研修医・指導医

 梅雨時を迎え、4月から入職した研修医は、まさに社会の壁と対峙し疲労のピークに達しているでしょう。

 

 疲れているのは、研修医だけではありません。その指導医もまた指導法に悩み疲れているものです。

 

 これは、人類が太古から悩んできたテーマなのです。

 

 連合艦隊司令官であった山本五十六の言葉から、研修医、そしてその指導医に向けて、当科でよく使われている言葉があります。「研修医・指導医の心得」。