「第1回臨床研修ことはじめ」

 徳田安春先生による「第1回臨床研究ことはじめ」が2016年7月24日当院で開催されました。

 徳田安春先生は日本における総合診療(総合内科)の領域ではオピニオンリーダーで、回診、レクチャー、カンファレンスには定評があり、全国の大学病院、総合病院からの依頼が殺到している状況です。

 ハーバードメディカルセンター公衆衛生学にてMPHを取得され、その後は聖ルカ研究所副医長から筑波。大教授、臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄副センター長、地域医療機能推進機構(JCHO)顧問などを自歴任され、現在は群星沖縄臨床研修センター長を務められます。

 

 今回は、総合内科卒業生である和足先生も参加してくれました。総合内科、血液内科、脳卒中科、ERから医師があつまり、大盛況でした。次回は、8月末を予定しています。