静岡マラソンに参加

 継続的な運動を勧める医師の活動の一環として、静岡マラソンに参加してきました。総合内科のみならず、救急総合診療部、また膠原病内科、はたまた研修医まで参加してきました。

 

 佐々木さんが、わずか41.6km関門に5秒で引っかかってしまいましたが、そのほかの皆さんは、4時間台でみなさんGoalされました!

 

 昨年は、心肺停止となった女性の救護に尽力された伊藤先生・関根先生、今年は何事もなく完走されました。

 

 足の疼痛に苛まれましたが、これからも生涯スポーツによる健康増進を推進する手本となれるよう、日々活動してきます。