A DAY OF OUR RESIDENTS

私の成長マップ

教育 / リーダーシップ

手技

知識

学術 / 英語

臨床力

chart
鎌田 理子

麻酔科志望の国際派

[専攻医1年目] 鎌田 理子

総合内科コース

出身地香川県

出身校愛媛大学

初期研修は岡山赤十字病院でした。
その後1年間メルボルンへ語学留学していました。わたしは将来麻酔科医を目指していますが、専門科に行く前に内科の基本を身に付けたいと思い、いま内科専攻医1年目として働いています。肉体的にも精神的にも辛いことも多いですが、自分のできる範囲で全力で頑張っています。

  • 大学生活

    大学生活

    愛媛大学の医学部出身で、大学時代はバドミントン部に所属していました。部活では、後輩の指導など上下関係や社会のルールを教えてもらいました。
    また、公文でバイトをしていたので、幼稚園児から高校生まで勉強を教える中で自分も学ぶことが多かったです。

  • 初期は岡山赤十字病院

    初期は岡山赤十字病院

    卒業後は、岡山赤十字病院に入職し初期研修の2年間を過ごしました。
    湘南鎌倉に比べるとゆったりしていましたが、一次から三次救急まで勉強でき、同期で楽しく過ごせました。

  • 初期研修後はオーストラリアへ

    初期研修後はオーストラリアへ

    初期研修終了後、メルボルンで語学留学を1年間行いました。海外での生活は大変なことも多く、拙い英語に苦労することもありました。しかし、メルボルンは、多民族都市でさまざまな国の人と関わることで自分の視野を広げることができました。
    滞在中は、現地の病院視察も行うことができ、実臨床での英語は学校と比べ物にならないぐらい速かったです。いまではオーストラリアはわたしのセカンドホームです。

WORK REPORT

入職のきっかけ

01

入職のきっかけ

見学の印象がとても良かったです

前の職場の上司から勧められたことがきっかけで、病院見学に行きました。印象としては、皆さんとても忙しく働いておられましたが、学年や他科との垣根が低く、仲良く仕事をされており、とても楽しそうな職場だと感じました。

湘南鎌倉総合病院ワークライフ

02

湘南鎌倉総合病院ワークライフ

熱心な指導医のもとで多くの経験が出来ています

2019年の4月から湘南鎌倉総合病院に就職し、現在は総合内科にて研修させていただいております。当院の総合内科は、症例数も多く、それぞれの症例で複数のプロブレムを解決する必要があり、悩むことも多いです。それでも、教育的な指導医のもとで貴重な経験を多く積めている感覚があり、充実した日々が送れています。忙しい病院であることは間違いないですが、当直明けは13時で帰宅できたり、日曜祝日も交代性となっているため、メリハリのある研修が出来ています。

私の目標

03

私の目標

内科知識を持つ麻酔科医を目指す

将来は英語で医学を勉強してみたいという気持ちがあり、海外の大学院に進むことや海外での研修することに興味があります。当院では、そのようなキャリア歩まれている先輩や、海外志向の後輩も多く在籍しており、とても刺激的です。自分は周術期管理や手技が好きなので、将来的には麻酔科医を目指しています。しかし内科はすべての基本であり、手術患者も基礎疾患が多く、内科の知識はとても重要だと考えています。今は目の前のことに全力で取り組む日々です。

ONE DAY WORKFLOW

起床〜出勤

朝6時頃と、同期と比べて早めに出勤しています。夜勤帯に入院された患者様を事前に回診したり、夜から朝にかけて大きな変化がなかったか確認してます。仕事をスムーズに進める上で、事前のチェックはとても重要だと考えています。

6:00

朝回診

上級医を含めたチームのメンバーが揃うと、新入院のプレゼンテーションをまず行います。私のチームには4人の医師が在籍していますが、30人ほどの患者様を担当させていただいています。回診の際は、些細な変化も見落とさないように心がけつつ、信頼していただけるよう積極的にコミュニケーションをとることを意識しています。

8:00

外来診療

初診外来は、1日あたり10人ほどを担当します。軽症から入院が必要な症例まで色々な症例を経験することができます。バックには、常に相談できるベテラン医師が控えており、小さな疑問も積極的に議論しながら診療を進めています。

9:00

1日のスケジュール①

病棟業務

病棟業務は、熱意あふれる指導医と、やる気に満ちている初期研修医と協力しながら、進めていきます。専攻医ともなると、自分が主体的に医学的判断を下す必要があることも多く、責任は重大です。他のチームの総合内科医や、他科のドクターのアドバイスや指示も参考にします。何が患者様にとってベストか、常にゴールを見失わないように心がけています。

9:00

サインアウト/当直業務

内科当直では、ERからコンサルトを受け、内科医が入院診療をするというシステムです。日本最大の受入数を誇る当院ERですので、多くのケースが経験できます。限られた時間の中で多くの業務をこなす必要があり、効率性を高めたり、優先順位をつける能力が身につけられます。

17:00

帰宅〜就寝

仕事が終わることには、毎日がクタクタです。早く終わったときは、勉強や調べ物をしたり、カンファレンスの準備時間などに当てています。

23:00

1日のスケジュール②

MESSAGE

オフタイムに関して

休みの日は家でのんびりしていることが多いですが、趣味は英会話です。meetupなどで開催される、英語のコミュニティに参加し文化の違う人と話すことが好きです。

研修医へのメッセージ

多くの経験を積みたい、という人には向いていると思います。私の様に将来的に他科志望の先生もおり、内科志望の人だけでなく、内科の基礎を勉強したい人にも向いています。決して楽な環境ではありませんが、ここで働いている人たちはやる気があって面白い人が多いです。是非一度見学に来て下さい!

A DAY OF OUR RESIDENTS

納 響

かっこいい
女医を目指す

納 響/ 専攻医2年目

田中 源八

夢は世界平和

田中 源八/ 専攻医2年目

木村 かれん

消化器重点コース
期待の星です

木村 かれん/ 専攻医1年目

名嘉 祐貴

医師として
地域を支えたい

名嘉 祐貴/ 専攻医2年目

鎌田 理子

麻酔科志望の国際派

鎌田 理子/ 専攻医1年目

田中 幸介

常に全力疾走

田中 幸介/ 専攻医2年目

NEWS

NEWS

/

ニュース

  • 2019.06.27お知らせ

    ホームページ公開いたしました。

PAGE TOP